COURSE

自転車で楽しむ北海道の旅へ出かけよう!

curse

上級コース上級コースScenic Ride

日本のてっぺんロングライド

サイクリスト憧れの宗谷岬へ日本最北の地として知られる稚内。最北の地である宗谷岬や
利尻・礼文の2つの離島を目指す観光客で賑わっています。

日本のてっぺんロングライド

日本のてっぺんロングライド

オロロンラインと呼ばれる約380kmの美しい海岸線をひた走り、日本のてっぺん、宗谷岬へ。夕日が見事な黄金岬、「利尻富士」と呼ばれる秀峰・利尻山、国の重要文化財にも指定されている旧花田家番屋など、北海道ならではの観光スポットが次々と登場します。また、地元スイーツや新鮮な魚介も楽しめるので、サイクルツーリズムに最適なゴールデンルートと言えます。

Course
guide

  • ■旭川空港発〜稚内市内着
  • ■2泊3日
  • ■宿泊/朱鞠内湖・中川町
走行距離
約367km
所要時間
約10時間22分
グレード
上級
スタート
旭川空港(東神楽町)
ゴール
稚内市
Route
  • Day1.旭川空港
  • 旭山動物園
  • 和寒駅
  • 道の駅 絵本の里 けんぶち
  • 朱鞠内湖
  • Day2.朱鞠内湖
  • 美深チョウザメ館
  • 音威子府駅
  • 道の駅 なかがわ
  • 中川町
  • Day3.中川町
  • 道の駅 てしお
  • サロベツ原野
  • オトンルイ風力発電
  • こうほねの家
  • ノシャップ岬
  • 宗谷ふれあい公園
  • 宗谷岬
  • 稚内港北防波堤ドーム
  • 稚内市内

道北エリアSight seeing Spot観光の定番!必見スポット

日本最北端の地、宗谷岬へ

日本最北端の地、宗谷岬へ

日本地図のてっぺんに位置する最北の岬。突端には「日本最北端の地の碑」が立ち、
周辺には間宮林蔵の立像やモニュメントが点在する。ライトアップされる夜も幻想的だ。

  1. 1日本最北端の地の碑
    北緯45度31分22秒、宗谷岬の突端に立つモニュメント。北極星の一稜をモチーフとし、北を示す「N」と、平和と協調を表す円形の台座を組み合わせたデザインとなっている。
    日本最北端の地の碑

    正面に43km先のサハリンの島影が浮かび上がります。

  2. 2宗谷丘陵
    宗谷岬の裏手にあるなだらかな丘陵地帯。氷河時代に形成された周氷河地形は北海道遺産として認定されている。
    また、この丘陵には57基の風力発電施設もる。
    宗谷丘陵

    ホタテの貝殻を敷きつめた「最北の白い道」。

The northernmost tip of Japan!
  • 湿原、独特な温泉が楽しめる豊富

    稚内市内から車で約1時間の豊富町は、約6700haもの広大な湿原を有する自然豊かな町。

    1. 1サロベツ湿原
      約70種類もの湿原植物が生息することで有名。1周1kmの木道が整備されているので、自然観察に最適だ。
    2. 2豊富温泉
      石油発掘を行った際に天然ガスと共に噴出した「豊富温泉」。以来、皮膚炎の湯治場として遠方からも湯治客が訪れるようになった。温泉街には5軒ほど宿が集まっている。
    湿原、独特な温泉が楽しめる豊富
  • 日本一の人造湖がある町幌加内

    日本一のそばの生産量を誇る幌加内町は、周囲を山林に囲まれた自然豊かな町です。面積が日本一の人造湖「朱鞠内湖」では釣りやアウトドア、山に入ると「山菜採り」や「きのこ狩り」等も気軽に楽しめます。

    1. 1朱鞠内湖
      人造湖でありながらまるで北欧の湖畔にいるような感覚をもたらすほど、周囲を緑の自然に包まれ、自然と豊かに調和した美しい景観で、春の満水期、夏の渇水期、冬の凍てつく湖面と、季節が移りゆくたびにその景観は一変する。
      朱鞠内湖
    2. 2幌加内町のそば畑
      7月下旬〜8月中旬にかけて、町内の畑は白い小さなそばの花でいっぱいになる。国道237号線を走っていると、遥か山裾までびっしりと、まるで「白いじゅうたん」に覆われたような美しい景色が見えてくる。
      幌加内町のそば畑

Want to eat!必ず食べたい!名物グルメ

浜ゆでがおすすめのカニ

オホーツク海で獲れるカニは、毛ガニ、タラバガニ、ズワイガニなど。一番美味しいのは水揚げしたばかりのカニを生きたままの状態で茹で上げたもの。稚内市内の飲食店で味わうことができる。

浜ゆでがおすすめのカニ
浜ゆでがおすすめのカニ